ブログ

Blog

【椅子のクリーニングってどうやるの? あなたの椅子ピカピカにします!】

2020年09月30日

皆さん、こんにちは!

今回はオフィス内の必需品、事務椅子のクリーニングについて詳しくお話したいと思います!

作業手順

①床面の養生

洗浄中の液体が飛び散らないようにビニールシートなどで養生。

②前処理

汚れの強い部分を主体に、洗剤を繊維や汚れに浸透しやすくするための前処理材を散布。

③洗浄・シミ抜き

分解された汚れをスチーム洗浄機にて洗浄剤を噴射しながらバキュームします。

光沢剤、柔軟剤を配合しているので再汚染しにくく綺麗な状態が長持ち。

強汚染部分にはブラッシングを行い、それでも除去できないシミは各種溶剤にて取り除きます。

染色しているコーヒーもほとんど除去できる。

④樹脂部脚部

樹脂部や脚部を磨き、必要な場合は艶出しを行う。

⑥点検と再処理

乾燥具合や仕上がりをチェックし、不合格品を再洗浄。

ほつれや毛玉のカットも行う。

⑦乾燥

自然乾燥にて6~12時間乾かす。

洗浄後のビフォーアフター

before

after

背面の手アカなどの汚れが綺麗になっています!

椅子の本来の青色がより鮮明に見えます!

洗浄後の汚水

あまり汚れていないと思っている椅子でも洗浄により写真のように真っ黒な汚水が出てきます!

椅子のクリーニングを行うことで…

今回ご紹介した一般的な事務椅子の他にもロビーチェアや応接室用の椅子などもクリーニングできます。

新しく椅子を買い替えるより低コストで行うことができ、ある程度のまとまった脚数があれば価格のディスカウントもできるので、

まだ買い替えるにはもったいないが、汚れが目立つ椅子を使用している方いましたらお気軽にご相談下さい!

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*印刷・文具事務用品・オフィス家具・引越し・レイアウト相談・通販・家具修理・防災用品・ペーパーレス・働き方改革・シェアオフィス・コワーキング・ホームページ制作のお手伝いなど、オフィス内でお困りなことがありましたら、是非明光堂までお気軽にご連絡下さいませ!!“オフィスのことまるごと”ご相談承ります!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

明光堂ブログ担当 投稿者:明光堂ブログ担当
2020年09月30日 09:02
この記事を共有する
  • Facebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加