ブログ

Blog

【地震がきても大丈夫! 知っていますか? 傾斜スライド棚】

2019年07月31日

皆様、こんにちは!7月ももう終わりますね。残すところあと1日!

いかがお過ごしでしょうか。

日中は本当に暑く、立っているだけで汗が落ちてきます。
水分を取り、熱中症にならないように気を付けましょう!

さて、今回はそんな異常な暑さや突然の豪雨など自然災害対策のオススメ商品をご紹介したいと思います。

現在、日本はここ5年間の中で震度5弱以上の地震の発生する可能性が一番高いと言われています。

そこで私達、明光堂がご紹介するのが金剛株式会社様の地震対策用傾斜スライド棚と省スペース収納システムアンカーレス移動棚TLZ型についてです。

 

傾斜スライド棚

 

 

(youtube参照)

 

【ポイント1】
人への安心・安全
地震の揺れによる書物の落下を軽減することにより落下書物によるケガを予防し避難通路の確保につながる。

【ポイント2】
図書資料の保全
図書資料の落下を軽減し資料を傷つきにくくする。

【ポイント3】
簡単復旧・作業軽減
作動した棚板の両端を手で押すことで簡単に復旧でき、復旧作業の軽減、早期開館できる。

【ポイント4】
既存書架にも取付可
収納量への影響全くなし。

【ポイント5】
他社書架にも取付可
背の高い書架上段への取付有効。

【ポイント6】
余震にも対応
余震が続いても、図書資料の落下軽減につながり、復旧作業の軽減になる。

以上のポイントで優れている商品です!!!

なぜ地震の際の振動に耐えられるのかといいますと、通常時に若干の角度を持たせることにより震度5程度まで図書資料の落下を軽減してくれる仕組みになっているからです。
通常時は違和感なく、使用できる程度の傾斜になります。
地震発生時には一定以上の揺れで傾斜棚板はスライドし棚受の溝に落ちる構造になっています。傾斜角度が大きくなることで、図書の落下を軽減します。

なので震災時前、後の際傾斜スライド棚は図書館や学校でなどの書物の多い所で大活躍間違いない商品です!!

 

 

アンカーレス移動棚TLZ型

 

 

(youtube参照)

 

【ポイント1】
軽い力でラクチンサポート
取手が3個ついていて握りやすく操作がしやすいので誰でも棚を軽く動かすことができる。

【ポイント2】
停電時でも使用可能。
電動ではなく、手動なので停電時でも関係なく棚を動かすことができる。

【ポイント3】
床を傷つけないアンカーレス
アンカーボルトによるレール固定を必要としないので、床を傷つけることなくレールを設置できる。

また分割したり、移設の対応も可能なのでレイアウトの変更に柔軟に対応できる製品です!

 

 

金剛株式会社様には今回ご紹介した商品以外にも様々な商品を取り揃えています。

気になった方がいましたらお気軽に明光堂までご相談してください!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*印刷・文具事務用品・オフィス家具・引越し・レイアウト相談・通販・家具修理・防災用品・ペーパーレス・働き方改革のお手伝いなど、オフィス内でお困りなことがありましたら、是非明光堂までお気軽にご連絡下さいませ!!“オフィスのことまるごと”ご相談承ります!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

明光堂ブログ担当 投稿者:明光堂ブログ担当
2019年07月31日 06:11
この記事を共有する
  • Facebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加