ブログ

Blog

印刷にご利益のある「愛宕神社」とは?

2019年01月21日

皆さん今年はどこの神社へ初詣に行かれたでしょうか?私は昨年でようやく後厄も終わり、なんとか無事に厄を終えたことを近所の神社に報告いたしました。

さて、神社には様々なご利益がありますが、私が携わる「印刷」にご利益がある神社があるのかな?と、ふと疑問に思いました。探してみたところズバリ「印刷」にご利益がある神社というものがありました!その神社は東京にある「愛宕神社」

愛宕神社と印刷にはどんな関係があるのでしょうか?

◆愛宕神社とは

愛宕神社

愛宕神社  Takaxtaka01 [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) または CC BY 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by/3.0)], ウィキメディア・コモンズより


愛宕神社は東京都港区にある愛宕山の山頂に存在します。

社殿によれば愛宕神社は1603年に徳川家康の名によって「火産霊命(ほむすびのみこと)」を防火の神様として祭ったことが由来(昔の神様の名前は難しいですね)。

ちなみに防火の神様を祭っていますが、江戸時代の大火により全焼しています。

明治時代に入り再建された後も、関東大震災や戦災で再び焼失していますが、再び再建されて現在に至っています。

主祭神である「火産霊命(ほむすびのみこと)」は日本神話でお馴染みの「イザナミ」と「イザナギ」の子供。名前からもわかるように「火産霊命」は「火」を司る神様として知られています。

ちなみにイザナミは「火産霊命」を出産する際に、怪我をしてそれが元で亡くなってしまいます。それに怒ったイザナギは「火産霊命」斬り殺してしまうという、ちょっと残酷なストーリー。

◆愛宕神社のご利益

では愛宕神社と印刷にはどのような関係があるのでしょうか?愛宕神社のホームページに書かれているご利益には

1 火に関するもの、防火、防災
2 印刷・コンピュータ関係
3 商売繁昌
4 恋愛、結婚、縁結び

と書かれてあります。主祭神は火の神様ですので、1番は理解できるところです。2番に「印刷・コンピュータ関係」と書かれていますが、わりとピンポイントに業種を絞ったご利益ですね。

神社にお聞きすると、火力発電所などに機械を動かす際、「火を入れる」といいます。そのため、電力を大量消費する印刷・コンピュータ関係にご利益があるという事だそうです。

大量消費する業種で言えば印刷やコンピューターよりもっと使っている業種がありそうなものですが、オフィス街にあるので、印刷・コンピュータに関わる企業が多い事からこの二つが選ばれているのかもしれませんね。

ちなみにこちらの愛宕神社には「出世の石段」と呼ばれる階段があり、登ると出世にもご利益があるそうです!東京へ行った際には一度行ってみたいですね!

愛宕神社データ

住 所:東京都港区愛宕1丁目5番3号
主祭神:火産霊命
配 神:大山祇命・日本武尊・将軍地蔵尊・普賢大菩薩
摂 社:太郎坊神社、福寿稲荷神社、弁財天舎、恵比寿大黒社
ホームページ:http://www.atago-jinja.com/

明光堂ブログ担当 投稿者:明光堂ブログ担当
2019年01月21日 05:19
この記事を共有する
  • Facebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加