ブログ

Blog

安心・安全な椅子選びのポイントをお教えします!福利厚生の一環として、オフィス内の椅子を見直してはいかがでしょうか?

2016年04月17日

皆さん、こんにちは!!

今回は安心・安全な椅子の選び方についてお伝えいたします!!

知っていそうで、意外に知らない『椅子の選び方』。

椅子は体に一番近い家具です!
ワーカーの快適性や生産性に最も影響を与える家具はイスです。

是非、自社の椅子選びの際の、ヒントにして頂ければ幸いです!

POINT①   用途に合わせたイスを選びましょう !!

オフィスで使用するイスには、 「執務用」「会議用」「休憩用」などがあり、 座る高さや姿勢などの設計がそれぞれ異なります。
折りたたみ椅子やスタッキングチェア※は、 収納時の効率を優先して設計されており、 長時間座ることには向いておりません。
※スタッキングチェアとは、積み重ねができるイス。 収納や運搬に便利で、特に会議用のスチール製が多い。

POINT②  床に合ったキャスターを選びましょう!!

オフィスチェアに使われているキャスターには、 カーペットなどの柔らかい床用と、 フローリングなどの硬い床用があります。
推奨以外のキャスターのご使用は、 滑りすぎたり、動きが悪かったりしますので、 用途に合ったキャスターをご使用ください。

*カーペットなどやわらかい床は、ナイロン・ハードウレタンキャスターを使いましょう!
*フローリングなど、硬い床の場合は、ソフトウレタン・ゴムキャスターを使いましょう!

POINT③ イスを正しく使いましょう!!

イスを踏み台にするなど 用途外のご使用は思わぬ怪我の原因になります。
取扱説明書などを読みながら、 正しくご使用ください。

(例:椅子の上に立たない 機構部に触れない・・・etc)

POINT④ イスを調整して使いましょう!!

一般的な事務用回転イスには体にフィットさせるため、 高さ調整などさまざまな調整機能がついています。
取扱説明書などを読み、正しくご使用ください。
◆正しい姿勢チェックリスト
ⅰ:座面の奥まで深く腰掛ける。
ⅱ:骨盤上部をしっかり背もたれにつける。
ⅲ:踵は床につける。
ⅳ:太腿の上部を水平にして、ひざ下は床と直角に。
ⅴ:座面の高さの目安は身長×1/4
ⅵ:デスク高さの目安は=座面高+差尺(身長×1/6)

POINT⑤ 安全性に配慮したイスを選びましょう!!

国内で販売される製品には、消安法(消費生活用製品安全法)、PL法(製造物責任法)など 万一事故が起きた際に、消費者を保護するさまざまルールがありますが、JOIFAでは会員企業と協力し、 製品の安全性を高め、事故を未然に防ぐための試験基準の策定や、安全にご使用いただける標準使用期間 などのルールを取り決めております。
JOIFAはJIS原案作成団体として、有識者、消費者、会員企業及び日本規格協会(JSA)と協力し、 安全なモノづくりのための、JIS規格を制定・改正しています。

POINT⑥ 使用しているイスの『経年劣化』を確認しましょう!!

厳しい基準で作られたイスも、長年使用 するとその性能を発揮できなくなります。
ネジの緩みや、溶接はずれなどにより、 イスがガタついたりグラついたまま使用 すると、破損によって思わぬ事故や、 怪我につながる恐れもあります。
製品の寿命は使用頻度や使用環境に よって異なりますので、 右記のチェック項目などにより 安全点検(有償)を行い、 メンテナンスや、買い替えのご検討を お願いしております。

◆イスのチェック項目
ⅰ:肘のがたつき、グラつき
ⅱ:昇降部からのオイル漏れ、 動作不良、グラつき
ⅲ:キャスターの 破損・ガタつき、走行不良
ⅳ:座や背のクッションの へたり
ⅴ:座やロッキングメカの ガタつき、異音

◆JOIFA標準使用期間

JOIFAでは、オフィス用チェアの標準使用期間を、 下記の通り定めています。

回転椅子:使用期間 8年
非回転椅子:使用期間 8年
固定椅子(脚が木製):使用期間 5年
折り畳み椅子:使用期間 5年

以上です。

ちなみに弊社の椅子は、内田洋行さんのCASTを使用しています!
cast

特徴は、
背面の上部が常に15度動く。
シンクロリクライニング(シンクロロッキング)。
座面の上下調節は120mmで、低い座高にも対応。
座面の奥行き調節。
ランバーサポートの上下調節。
オプションでヘッドレストやフットレストがある。

キャストの最大の特徴は、背面の上部が常に後ろに倒れること。背中に力を入れると「背面がしなってくれる」ということ。もちろん、背面全体がリクライニングするのだが、それとは別に、上部だけが傾く構造になっている。

実際、椅子に座って作業しているときでも、人間はけっこう動く。ちょこちょこ動くからこそ血行がよくなり、「座っていられる」のである。キャストは、どんなときでも背中に力を加えると背面の上部がしなってくれるから、非常に座り心地が良いという声が多いチェアである!!

一度、お試しあれ!!

明光堂オフィス改修工事39
*弊社社内の雰囲気

参考になりましたでしょうか。

今回はこれで失礼します!!

明光堂ブログ担当 投稿者:明光堂ブログ担当
2016年04月17日 08:22
この記事を共有する
  • Facebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加