ブログ

Blog

阪神・淡路大震災22年 災害への備え見つめ直す!

2017年01月17日

皆さん、こんにちは!!

本日、阪神・淡路大震災から22年が経ちました。

22年前、明光堂も被災しました。

私は当時小学6年生だったのですが、今でも当日の事は鮮明に覚えています。倒壊した建物を見て、自然の力の強大さに驚愕したあの風景を。

阪神淡路大震災で震災の恐ろしさを体験して、防災の意識とみんな生きなければいけないと改めて思う日でもあります。

先日ある記事をみたのですが、現在、阪神・淡路大震災を経験していない神戸市民の割合は4割を超えているそうです。2021年には市民の半数が震災を経験していないことが考えられます。

震災を風化させない事が、我々残された者の、そして震災を知らない世代の使命・役割だと思います。

弊社も、防災に対しては、意識して活動するよう心掛けています。
以前もご紹介いたしましたが、下記のような備えもしています。

ⅰ:各自デスク下にはセフティーハットなど厳選アイテムを入れた非常用セットを用意しています。
いざという時に、これを持って安全な場所へ!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

IMG_7838  IMG_7836

ⅱ:救出作業に対応するために、レスキューキャビネットも装備しております!
通常の救急セット以外に、平バール・テコバール・両口ハンマー・油圧ジャッキなどもセット。
三角柱型なので、コーナースペースなどのデッドスペースにも設置出来ますよ!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

IMG_7833

ⅲ:弊社では全従業員に対して3日間の備蓄品を常備しております。
保存水・パン・ランタン・毛布・非常用トイレ・ラジオ・救急セットなど・・・
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

IMG_7830

ⅳ:高さ1800mmを超えるキャビネットには専用金具で転倒防止対策をしています。
転倒防止作業も弊社で行いますよ♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

IMG_7919

災害は“いつ起こるかわからない”からこそ、常に備える対策が重要です!!

阪神淡路大震災から22年。
大震災の経験と教訓を忘れることなく、明光堂はこれからも防災に対して積極的に取り組んで参りたいと思います!!

今日生きていることに感謝して。

明光堂ブログ担当 投稿者:明光堂ブログ担当
2017年01月17日 07:43
この記事を共有する
  • Facebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加